バランスを考えた食生活

手汗の原因にはさまざまなものがありますが、食生活を意識することで改善するのが多汗症による手汗です。

 

手汗が多くなる原因の一つにホルモンバランスの崩れがあります。
そのため、ホルモンバランスを整えて正常に維持する作用を持つ食べ物は手汗の改善にも繋がるわけです。
イソフラボンを含む大豆や大豆製品は手軽に日常のメニューに加えられるものが多く、安価で継続しやすいのも利点で、納豆、味噌、豆腐、豆乳などが代表的です。

 

反対に手汗の分泌を促してしまう食べ物としては、肉類やチーズが挙げられます。

 

食べることで体内の温度を上げる作用があるため、体の温度を下げるために発汗が多くなる場合があります。

 

野菜は苦手で肉ばかり食べてしまうという肉食中心の人は手汗が多いというデータもあり、肉類に偏った食事は改善が必要と言えるでしょう。

 

 

また、含まれている成分自体が発汗を促す作用を持っている食べ物もあります。

 

とうがらしやスパイスなどの香辛料が代表的で、これらは熱い食べ物に用いられることも多いため、含まれている成分と体温を上げる作用でダブルで発汗を促します。

 

 

ただ、発汗を促しやすい食べ物を極端に避けることは理想的ではありません。

 

香辛料やスパイス、肉類、チーズと野菜を食べるときは必ず野菜を添える、納豆や豆腐を使った和食メニューを多くしてみるなど、バランスを考えた摂取をしていれば食べること自体には問題はありません。

 

好きなものばかり食べる生活ではなく、偏りのないように調整することがポイントです。