まず緊張を和らげる対策を第一に!

緊張しやすく、そのせいで手汗をかきやすい場合はまず緊張を和らげる対策を考えましょう。
緊張していると焦ってしまい、さらに緊張感が高まったり、心臓の鼓動が早くなったりします。

 

緊張感を和らげる方法は人によって差がありますが、緊張しない人はいないんだ、緊張する自分はおかしくないと考えてみることが大切です。

 

周りの人は皆落ち着いていて、パニックになるのは自分だけ…と思いがちですが、実際は多かれ少なかれ全員に緊張を感じるシーンが存在します。

 

緊張を和らげる方法としては、見るとリラックスできる風景や趣味のものの写真を持ち歩く、リラックスできる音楽を聴くなどもおすすめです。

 

また、適度な緊張感は真剣に物事に取り組む集中力に繋がるため、決して悪いものではありません。

 

緊張してしまう自分を責めるのではなく、適度な緊張感は良いものなのだと考えることで精神的な負担が軽減され、結果的に手汗の分泌が抑えられるケースがあります。

 

手汗をかいてしまった場合に備え、清潔なハンカチを持ち歩く、手汗用のデオドラントケアができる製品を使うなど、手汗を多くかいてしまった際の対処法をあらかじめ用意しておくのも良いでしょう。

 

準備がしっかりできているという安心感にも緊張を抑える効果があります。

 

基本的には、緊張すれば汗は出るものと思ってしまうのが一番です。

 

手汗のほかにも、額の汗やワキの汗が多くなるなど、緊張感による発汗は珍しい話ではありません。